« 横尾忠則 新作版画のご案内 | トップページ | シルクスクリーン刷師「岡部徳三の仕事展」 »

2014年7月15日 (火)

齋藤 芽生  シルクスクリーン版画「香星群アルデヒド」

齋藤 芽生 モノクロームの緻密な幻想世界

Meo_brog_4

●作家コメント

 「香星群」シリーズは、「窓枠の向こう側に開けた別の宇宙がある」という設定の、

 モノクロームによるシリーズです。

 それが、箱の中のミクロの小宇宙なのか、はたまた外界の夜空そのものなのかは

 明らかにはしていません。が、惑星と惑星が互いに距離を保ちながら

 個々に浮かんでいる様を人の愛と愛の間の不可侵の距離に見立てた、

 というような世界としても描かれています。

 「香星群」は現在ウェブで連載中の短編小説「香星群アルデヒド」からとられた

 シリーズ名であり、この中にはそのまま小説と対応した挿画になっているものも 

 あります。

                                 齋藤 芽生

略歴
 

Meo_profile

 

« 横尾忠則 新作版画のご案内 | トップページ | シルクスクリーン刷師「岡部徳三の仕事展」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197004/59989218

この記事へのトラックバック一覧です: 齋藤 芽生  シルクスクリーン版画「香星群アルデヒド」:

« 横尾忠則 新作版画のご案内 | トップページ | シルクスクリーン刷師「岡部徳三の仕事展」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ